総合建設コンサルタント 株式会社ウエスコ

SOLUTION私たちの事業内容

上水道部門

水道は、国民の生活水準の維持向上のため急激に整備され、平成26 年には99.7%の普及率に達し、国民の生活に欠かせない重要なライフラインとなっています。 高度成長期急激に普及した水道施設は近年、施設の老朽化や災害対策の遅れなどの新たな課題に直面しています。また、家庭用浄水器の普及や、高層マンション建設など一、生活環境の変化に伴い、需要者ニーズも変化してまいりました。私たちウエスコは、これまで培ってきた高い技術力、そして地盤・測量などの各部門の専門スタッフと連携し、水道事業が直面する多くの課題とニーズに対して、総合力を持ってきめ細かく対応し、安全でおいしい水を供給するための社会基盤施設を構築いたします。

水道事業施設の整備・改修・耐震化

大規模災害時においても
絶やすことのできない
ライフライン=水道。
ウエスコの総合力を生かした
適切な調査・機能改善を行い
水道施設の水準向上に努めます。

地震発生時において、地域の方々の安全と健康を守るためには、水道などのライフラインを絶やさないことが絶対条件です。ウエスコでは、土木設計部門や地盤調査部門、測量部門、環境計画・調査部門および地理情報部門などの多くの部署と連携。水道施設の新設時はもちろん、既存の取水・浄水・送水・配水施設の効果的な耐震化を図るため、適切な耐震診断・機能診断等の調査を行い、耐震化計画等を策定。必要な補強設計をご提案いたします。

地理情報部門と連携した、
独自開発GISによる上水道施設台帳管理

水道施設は「つくる時代」から「維持管理の時代」に変化しましたが、市町村によっては肝心の「維持管理」を行う台帳が整備されていないことも少なくありません。ウエスコでは、地理情報部門が独自に開発したGIS を利用し、上水道施設の情報をデータ管理するご提案を通して、効率的な水道施設の維持管理を支援しています。

記事がありません。
記事がありません。

水道事業の健全化

多くの課題に直面する
水道事業の健全化に向けて
技術と経営の両輪で
サポートいたします。

水道事業者が自らの事業の現状と課題を分析・評価し、「水道ビジョン」の方針を踏まえた中長期的なマスタープランを作成することが推奨されています。しかし、「地域水道ビジョン」の策定は、水道事業再建に向けたスタートラインに立ったに過ぎず、今後、地域水道ビジョンに掲げた施策目標を実現し、水道事業を健全化するためには、多くの課題に直面します。私たちウエスコは、水道事業の健全化に向けて技術と経営の両輪をサポートしていきます。

記事がありません。
記事がありません。
RECRUIT
POINT

上水道部門のシゴトの魅力とは?

蛇口を捻れば水が出る。
そんなアタリマエの裏側には水道事業に携わる方々の日々の努力があります。近年の節水機器の普及、更に、我が国も人口減少の時代が到来し、水需要は減少傾向にあります。水需要の減少=料金収入の減少=水道施設の更新・改良にかかる財源が減少。 でも、みなさんが安心して使える水道水を送り続ける。 地味ではありますが、上水道部門の仕事は、生活に欠くことのできない社会インフラの一旦を担うものです。 水源の保全や開発、安心して飲める水道水を供給するための浄水処理施設、安定した水量・水圧を持って水道水を届ける強靭な構築物や管路、これらに加えて、ポンプやバルブ、計測・監視設備や受配電施設など、水を送り・見守る設備までの計画や設計、更には、水道事業を持続していくための経営的なコンサルティング。 つまり、上水道部門の仕事は、土木、建築、機械、電気の知識に加えて化学、物理、経済など、あらゆる知識の融合が不可欠であり、様々な分野の人と関われるステージであることが魅力ではないでしょうか!