総合建設コンサルタント 株式会社ウエスコ

SOLUTION私たちの事業内容

農林振興部門

今日、安全で安心な食に対する国民の関心が高まっています。水土の恵みを受ける美しい国土をより豊かにするため、ウエスコでは農業生産基盤の整備、防災・減災への取り組み、農業水利施設等の機能診断、補修・更新計画(ストックマネジメント)など健全で活力ある農業・農村の創造を支援します。 農林振興のテーマは、「水」・「土」・「地域」を育み、農業・農村の有する「自然」・「生産」・「生活」を健全に機能させることで持続可能な社会の発展に貢献することです。 健全で活力ある農業・農村を守り育てるため、食料自給率の向上・農業経営の安定・強化に向けた「農業生産基盤の整備」、 地震や豪雨等の自然災害から農業・農村を守る「防災・減災への取り組み」、農業水利施設等の既存ストックを有効活用し、長寿命化を図る「ストックマネジメント」、生物の生息・生育環境の保全により人と自然にも優しい農村環境の創出による「環境との調和」など、農林振興の対象とする技術分野は広範囲に及びます。 ウエスコ農林振興分野では、総合建設コンサルタントとしての多様な人材・豊富な業務実績を駆使し、 地域の課題と特徴を的確に把握するとともに、農業・農村に携わる方々の要望を踏まえ、調査・計画・設計までトータルに行い、幅広く農業農村整備をお手伝いします。

生産基盤の整備

ほ場の整備、水利施設・農道の整備
などの農業生産基盤の整備を行い、
農地全体の労働生産性の向上と、
農村環境の改善を目指します。

近年、農業生産法人による新しい農業スタイルが出現するなど、農業環境を再編、新しい農業の担い手への農地集積・集約化する動きがを生まれています。ウエスコでは、これまで培った農林振興に関する経験と、ウエスコが有する環境をはじめとした多様な技術者と連携し、ほ場整備、水利施設および農道などの農業生産基盤整備を行い、労働生産性の向上を図るとともに、農村環境の改善を目指した整備を行います。

農地防災(ため池等の整備)

災害に対する農村地域の防災・減災力の
強化として、“ため池” をはじめとする
農村の防災対策を実施。
より豊かで安全な農業・農村の
創造を支援いたします。

年間を通じて比較的降水量が少ない瀬戸内地方では、水田の灌漑を目的として、各地でため池が多く造られてきました。ため池は、田畑を潤す水を溜めると同時に、自然生態系保全や親水空間等の多面的な機能を有しているほか、貯留機能による洪水の軽減など災害防止にも大いに役立ちます。 ウエスコは、ため池をはじめ、湛水被害等防止のための排水機場、、各種施設の耐震化などの農地防災のための施設整備を実施し、安全かつ生産性に優れた農村の創造を支援いたします。

既存施設の長寿化(ストックマネジメント)

農業水利施設などの
ストックマネジメントを通じ
災害や突発事故のリスク管理を行い、
施設の長寿命化と
ライフサイクルコストの
低減を図ります。

頭首工・用配水機場・用水路・排水路などの多くの農業水利施設は、老朽化が進んでおり、災害や突発事故等の際、農業・農村への被害はもちろん、 その修繕費用の増大が懸念されています。ウエスコでは、それら農業水利施設の機能診断および機能保全計画策定を実施することで、施設の長寿命化を図り将来の更新費用等のライフサイクルコストの低減を図ります。

環境との調和(環境配慮計画・設計)

生物の生息・生育環境及び移動経路
(ネットワーク)の保全・形成に
視点を置き、
人にも自然にも優しい
農村環境の創出を図ります。

平成13年度に土地改良法が改正され、土地改良事業の実施に際し「環境との調和に配慮」することが原則化されています。農林振興部門では、これまで蓄積してきた技術的知見や事例と、環境計画部門との連携により、農家が抱える様々な問題を考慮した上で「環境配慮施設」の計画・設計を行い、人にも自然にも優しい農村環境の創出を図ります。

RECRUIT
POINT

農林振興部門のシゴトの魅力とは?

農林振興部門の業務は、農村地域に直接足を運び、現地の方々と何度も話し合いを重ねながら、農村振興を地域の方とともに目指す仕事です。我が国の農業はいま、数多くの課題を抱えており、その課題解決の1つの手段として、農地を整備して担い手等による農業の持続的発展を行う動きが活発化しています。「地域振興に貢献したい」という志を持つ方にとっては、やりがいも、喜びも感じることができる仕事ではないでしょうか。