総合建設コンサルタント 株式会社ウエスコ

SOLUTION私たちの事業内容

地盤調査部門

地盤調査部門では、ウエスコの取り扱う「測量・調査・設計・施工管理」に至る一連の業務の中で、地質・土質および地下水調査、解析を担当しています。技術士、地質調査技士などの資格を持つ専門技術者が土木設計、農林振興、上・下水道などの各部門と連携し、設計内容に応じた調査計画を立案します。そして、現場に赴き、(時には測量部門と連携して)各種調査を行って設計業務に必要かつ最適なデータを提供しています。

地盤環境調査

土木構造物の新設・改修の際に
地盤調査を実施。
周辺環境や災害にも配慮した
安全・安心な設計・施工を
サポートします。

地盤環境調査では、道路や河川、造成等の切土や盛土、土木構造物(橋梁、トンネル)やため池などの新設および改修(耐震化・長寿命化対策)の際に、ボーリング調査や各種試験および物理探査等の基礎地盤調査を行い、基礎情報となるデータを収集します。

水環境調査

構造物などの施工前・施工時に
周辺の水環境を調査。
総合力で工事の影響を予測し、
水環境の保全をサポートします。

人や動植物が生きていくうえで健全な水環境を保全するすることは何よりも大切です。地盤調査部門では道路建設などの土木事業の際に、ため池や沢、川などの地表水や井戸などの地下水に関する水文調査を行い、 工事の施工前、工事中において水環境へ影響がないかを調査します。影響が予測される際にはしかるべき対策を講じ、環境保全に努めていきます。

地盤解析

地盤の変形や沈下、地すべり、液状化
などをシミュレーション解析により、
土木工事などによる影響を予測評価し、
安全・安心な設計・施工を実現します。

軟弱地盤解析、地すべり解析などのシミュレーション解析を実施し、土木構造物や工事、降雨、地震などが地盤や周辺環境に及ぼす変形、沈下、液状化などの影響を予測評価し、対策工の設計・施工に必要な情報を提供します。

防災・施設点検

豪雨や地震による土石流や落石、
斜面崩壊などの災害のリスクを
未然に防ぐ防災点検を実施。
防災計画・調査・対策、
維持管理の効率化をサポートします。

大雨や地震や雪などによる土石流や落石、斜面崩壊被害など、我が国は常に自然災害の危険性にさらされており、対策を講じる必要があります。地盤調査部門では、要注意箇所の安定状態、健全度を点検し、対策が必要な箇所について、調査、対策工を提案し、災害リスクの低減に努めていきます。また、災害の発生した箇所への調査や対策へ即対応します。

災害対策

災害発生時には測量・調査・設計の
チームが現場に急行し、
迅速かつ的確な調査を行い、
現場の安全確保と早期復旧に努めます。

斜面崩壊、落石などの災害時においては、ウエスコの測量、調査、設計が一つのチームとなって現地に赴き、専門技術者が現地状況を把握し、UAV(ドローン)などの最新技術を駆使し、現場での安全確保、応急対策、そして復旧対策を提案しています。

土壌環境調査

環境省の基準に基づく
土壌汚染調査を実施。
土壌汚染の状況を把握し、
人の健康保護をサポートします。

土壌環境基準、地下水環境基準等の環境省の基準に基づく調査分析に対応します。また、土壌汚染調査技術管理者の指導のもと、土壌汚染対策法に基づく調査計画の立案、概況調査や詳細調査を行います。土壌や地下水、ガスを法に基づいてサンプリングします。分析は環境計量士(濃度)による計量証明書をグループ会社で発行できます。

RECRUIT
POINT

地盤調査部門のシゴトの魅力とは?

地震や大雨による災害は近年多発しており、住民の生活を脅かす問題となっています。私たち地盤調査部門では依頼のあった現場で災害を未然に防ぐための調査・計画や防災施設の点検を行っています。また、災害発生時には現場に急行し、被災状況の調査や応急対応、復旧対策の計画を行っています。災害に対応することは住民の安全な暮らしを守るために必要不可欠です。地盤調査部門の仕事は防災点検や災害時の対応といった住民の安全な暮らしに貢献できるやりがいのある仕事です。

宇宙に行けるようになったこの時代に、未だに地中を見ることができません。地盤調査とは、ボーリングによる点や線のデータ、物理探査による面のデータを総合的に繋ぎ合わせて、地下構造を想像していくものです。このように、結果(事実)と考察(推定)を合わせた成果を求められるのは地盤調査部門独特の性質です。我々の想像力によって、土木構造物が創造されていくというのは、不可思議で、ゆかいな仕事とは思いませんか。