総合建設コンサルタント 株式会社ウエスコ

SOLUTION私たちの事業内容

地理情報部門

地理情報部門の業務の一つが、最新技術である「モービルマッピングシステム(MMS)」「航空レーザ測量」「デジタル航空カメラによる写真測量」などの3 次元計測です。 そしてもう一つの大きな業務が、地理情報システム(GIS)にて地理情報を一元管理し、可視化を行う” 維持管理支援業務” です。これら最新技術や独自のGIS により、ウエスコ全体におけるあらゆる業務の合理化・スピード化につながっています。

空中写真測量

デジタル航空カメラを用いて、
高精細地形画像データを取得し、
共用空間データベース作成や
固定資産現況調査業務を
強力にバックアップ

デジタル航空カメラ(UltraCam) を利用した空中写真測量では、高解像度・高画質空中写真画像データの取得は勿論のこと、自動標高抽出技術を用いて数値表層モデル(DSM) が効率よく取得できます。また、空中三角測量等の半自動化によりコスト削減や工期短縮が図れることが特徴です。

航空レーザ測量

空中写真だけでは判別できなかった
樹下の崖や工作状況など
小さな地表面の地形変化を
航空レーザが3 次元で精細にとらえる。

航空レーザ測量ではレーザポイントが樹木の間をすり抜け地表面捉え直接計測することができるため、空中写真測量では難しかった山地部における地形の変化も、より精細にとらえることができることができます。

航空レーザ測量の成果

例えば航空レーザ測量で得た「傾斜量図」では、地表面の状況を視覚的にとらえやすいように、地表の傾斜量を明暗で示し、立体的に表現しています。これには樹木に隠れた崖や転石等、傾斜災害の要因となる地形の特徴がわかります。また、地盤調査の基礎「地形判読」作業においても、地表面を直接判読するため、傾斜量図の作成は有効です。

モービルマッピングシステム(MMS/MoMoS)

走行しながら高精度
3 次元地形データ取得する
モービルマッピングシステム(MMS)。
各種コンサルティングの
基礎資料として活用し、
業務の高度化を実現。

モービルマッピングシステム(MMS)は、高精度GPS・カメラ・レーザを車に搭載し、移動しながら位置に同期した周囲の映像や3次元地形モデルを取得できる移動体計測システム。道路施設及び道路周辺の建築物等の測量はもちろん、法面調査、トンネル点検、災害測量等の緊急性の高い業務について飛躍的に計測作業の効率化を図ることができます。

現場に行かずとも、現場の状況を
一目で確認 ― MoMoS

現場に行かずとも、現場の状況を
一目で確認 ― MoMoS

大学と共同開発し、特許を取得した3 次元可視化システム「MoMoS」は、モービルマッピングシステム(MMS)で取得した点群データをもとに作成された3 次元モデルデータと写真画像をもとに、現況確認をソフトウェア上で行うことができます。

地理情報システム(GIS)(S-Park )

オールインワンのGISシステム
「S-Park」が
アセットマネジメント
業務を強力にサポート。
上下水道・道路・都市計画をはじめ、
あらゆる情報の一元管理を実現します。

「S-Park」は多くのユーザー様の要望を取り入れ、長年にわたる改良を重ね、使いやすさを追求したGISパッケージシステムです。水道施設管理、下水道施設管理、道路施設管理、都市計画管理の個別機能をご利用いただけるのはもちろん、すべてを同一システムで一元管理することも可能です。カスタマイズも容易で、「◯○管理システム」といったあらゆる施設や情報の管理に対応可能です。道路や河川などの台帳を紙ベースで管理していた県・市町村の方も、デジタルデータで効率的に台帳管理することができるほか、3 次元可視化システム「MoMoS」と連携することで、現場に行かずその場で「MoMoS」を通じ、任意の地点を画像で閲覧でき、道路状況などを視覚的に確認することができます。

S-Park が複数事業の情報を一元管理

RECRUIT
POINT

地理情報部門のシゴトの魅力とは?

大学と共同研究を行い、独自に開発した「S-Park」と「MoMoS」。自社のオリジナルソフトウェアを持っている強みは、これから就職活動を行う皆さんにも非常に魅力的ではないでしょうか?地理情報部門は、測量同様にウエスコで扱うあらゆる業務に関わりのある部門です。あらゆる業務に対して、必要な情報を計測し、最適なカタチに変換し、設計部門へ橋渡しをする責任ある仕事ですが、同時にやりがいある仕事でもあります。