総合建設コンサルタント 株式会社ウエスコ

SOLUTION私たちの事業内容

環境設計部門

わが国の下水道等の汚水処理人口普及率は既に89%(平成27年度末)を超えており、「つくる」ことから、今ある施設の再構築・維持管理・防災対策のニーズが高まっています。ウエスコは、地域密着型の総合建設コンサルタントとして各支店営業と技術が連携し、各地域の地理的特性・ニーズ・課題を的確に捉え、下水道施設や廃棄物処理施設の建設、ならびに維持管理のための調査・計画・設計・施工管理業務を一貫して行っています。また、これらの施設の建築物や学校・道の駅などの一般建築にも取り組んでいます。

下水道

つくる時代から
「ストックマネジメント」 「防災対策」の時代へ。
地域に根ざした
総合建設コンサルタントとして
地域にあった水循環社会を構築します。

下水道施設の
調査・計画・設計・施工管理

下水道施設には、雨水や汚水を処理する「下水処理場」、下水処理場まで水を導く「管路」、その間の起伏に対して水を汲み上げる「ポンプ場」があります。ウエスコでは、これら下水道施設の調査・計画・設計・施工管理を一貫して行っています。

防災(大雨・地震)対策

ゲリラ豪雨など予測を超える大雨、昨今頻発する地震や将来起こるとされる大地震に備えるため、今、雨水対策や下水道施設の地震対策へのニーズが高まっています。ウエスコでは、地理情報部門と連携し、対象地域の地形(3D)データを基に雨水シミュレーションを行なうことで、大雨による浸水被害を想定し、その対策を提案します。また、下水道施設の耐震診断・補強設計を行うことで、「地震に強い下水道」を再構築をお手伝いします。

下水道施設のストックマネジメント

ウエスコでは、既存施設の老朽化や機能低下、維持管理コストに関する診断(機能診断)を行ないます。 さらには公認会計士と連携して、健全な下水道経営がなされているかを調査・診断(経営診断)し、既存施設の長寿命化や適正な維持管理のための計画を立案して、健全で機能性の高い下水道への改善に向けた提案を行ないます。

廃棄物

廃棄物処理施設の
計画・設計・許認可申請はもちろん
既存施設の耐震化・長寿命化、
災害廃棄物処理計画の策定を通じ
廃棄物処理システムの
強靱性を確保いたします。

私たちは毎日、日々の生活に伴って、様々なごみを排出し続けています。しかし、ごみ処理施設や最終処分場の不足、ダイオキシン類や有害物質等の汚染問題など、廃棄物処理問題は近年の急務な社会的課題です。私たちは、常に最新の技術・工法・システムの獲得を図るとともに、関連部門と密接に連携して用地選定から各種調査、計画・設計、許認可申請、施工管理まで総合的に一貫サポートいたします。

建築

RECRUIT
POINT

環境設計部門のシゴトの魅力とは?

ゲリラ豪雨などで発生した浸水被害の映像を一度は目にしたことあるのではないでしょうか。地震などの災害に比べ、大雨による浸水は、比較的身近で多く発生している災害被害です。ウエスコでは、独自のGISを利用しシミュレーションを立てるなど、情報技術を駆使し、一番身近な災害に備え、地域の安全を守る取り組みを行っています。