総合建設コンサルタント 株式会社ウエスコ

SOLUTION私たちの事業内容

土木設計部門

土木設計部門では、道路を主に河川・砂防・橋梁・トンネル・交通 計画・面整備(企業用地・住宅用地・公園・グラウンドなど)などの「計画設計業務」のほか、 「許認可申請業務」、橋梁点検や砂防基礎調査、道路ストック点検などの「調査・点検業務」「調査計画業務」を行っています。 設計図面作成においては、ウエスコで所有する最新の3次元測量機器の活用により取得したデータを基に、3次元による設計・施工データの作成も行います。 3次元データにより動画等を用いて解りやすく表現することで、事業者はもちろん地域住民の方々とのイメージの共有化が図れ、設計の精度も向上します。ウエスコ設計部門では、測量、地質調査、環境調査、計画説明、許認可業務等を含めた一連の作業について企画提案します。

3 次元設計

最新技術の3次元測量データを基に、
施工時にロスのない正確・緻密な
設計を実現する3次元設計。

従来の測量方法では、任意の地点を測量し、各地点の間のデータは地形写真などをもとに適宜予測し、補完していたため、そのデータを基に設計・施工した際、施工現場で設計との誤差が生じるケースもあり、時間やコスト面でのロスが発生していました。ウエスコでは測量・地理情報部門と連携し、固定レーザーや航空レーザー、MMSなどの3 次元計測を行うことで、今までの横断測量よりもはるかに多くの地点を正確に計測することができます。そのデータを基に詳細設計を行うことで、より詳細な3次元設計を行うことができ、測量から設計、施工管理、出来形図作成までに利用できる成果作成が可能です。 また、3 次元による設計により施工イメージも3Dイメージによる可視化することができるので、事業者はもちろん、多くの方とのイメージ共 有を図ることができます。

新しい建設業界の潮流「CIM」

「CIM(Construction Information Modeling / or Manegement)」とは、「3次元で得た情報を、3次元で設計し、重機にそのデータを入れ施工し、施工後その情報を3次元で管理していく」というもの。これにより、測量・設計時はもちろん、施工時においても、現場の高速化・安全性・確実性の向上が期待でき、そして管理の合理化を図ることが期待され、行政もこの流れを大きく推進しています。測量部門での3 次元測量や、土木設計部門での3 次元設計などは、まさに「CIM」への取り組みの一つです。ウエスコではこれら新しい技術に、若い人材が積極的に取り組んでおり、豊富な経験値を持った百戦錬磨の熟練技術者と、最新技術を扱う若い力が融合し、新しい建設コンサルタントのあり方を切り拓こうとしています。

調査・点検業務

従来の方法に加え、MMSなどの
最新技術を活用し調査・点検。
既設の道路・河川・橋梁などの
社会資本の長寿命化を図ります。

近年、社会資本全体の老朽化が急速に進行していく中、施設の長寿命化を図るうえで、既設構造物の健全性把握のための点検・調査は欠かせません。ウエスコでは、従来の点検・調査手法にあわせてMMSや固定レーザー、CCDカメラなどの最新技術を活用し、道路構造物の調査・点検を実施しています。対策が必要な損傷等に対しては最適な補修補強工法の選定・設計を行います。また、防護柵や標識、照明などの道路附帯施設の点検を行い、安全・安心な交通環境の実現を目指しています。

防災計画設計

災害時にも交通インフラを
途絶えさせない。
道路・橋梁・河川および
付属物の防災設計を行い、
地域住民の安全かつ安心して
暮らせる街づくりに貢献します。

現在、わが国では全国各地で地震や台風・集中豪雨などにより、土砂災害などの甚大な被害を受けており、今でも大きな危険性にさらされています。地域住民の安全を確保し、災害時の復興を図るためには、道路などの交通インフラの「防災」「減災」対策が急務です。私たちウエスコは、道路や橋梁、河川、トンネル等を調査・点検を行い、斜面崩壊や地すべり、落石などの危険予測を立て、防災設計を行っていきます。

土石流や土砂災害のリスクに備えた
砂防基礎調査

近年広島で発生した痛ましい土砂災害を受けて、改正土砂災害防止法が平成27 年1 月18 日に施行されました。ウエスコでは、土石流や山崩れの危険性の有無を調査し、基礎資料を作成する砂防基礎調査業務を行っています。

新設トンネルの設計

最新計測・設計技術と経験豊富な技術者の叡智を駆使。
あらゆるケースにも高品質で耐久性に優れ、周辺環境に配慮した
新設トンネルをご提案いたします。

新設トンネルの設計に際しては、総合建設コンサルタントの総合力を活かし、測量、地理情報部門、地盤調査部門と連携。3 次元計測による正確かつ詳細な測量データと、地盤・環境に精通した専門技術者が導き出す調査情報をもとに、あらゆる条件にも柔軟かつ合理的に対応した、確度の高いコンサルティング業務を展開いたします。

点検・補修・調査

従来の目視や打音による点検に加え、
モービルマッピングシステム(MMS)
などの先進技術を導入。
正確性とスピード、合理性を兼ね
備えた点検・補修・調査を実現。

既設トンネルの維持管理は、適切かつ正確な点検により、些細な変化も見逃さず危険性察知することが大切です。ウエスコでは経験豊富な技術者による打音や目視による点検はもちろん、モービルマッピングシステム(MMS)や固定レーザーなどの最新技術を導入し点検作業を行うことで、正確・精密な点検・調査業務を実現しています。

モービルマッピングシステム(MMS)は
交通規制も不要。
点検業務の合理化・スピード化、
コスト抑制を実現します。

レ-ザスキャナとデジタルカメラを搭載した車両を使った「モービルマッピングシステム(MMS)」は、トンネル内を定時走行し、連続的にトンネル壁面の画像を撮影するほか、壁面に向かいレーザーを照射しすることで形状データを取得します。取得した画像や形状データは専用ソフトで閲覧可能なため、トンネル内の変形やクラックを定量的に把握することができます。 またMMS専用車両は、一般車両の中に混じって走行するため交通規制も不要。短時間で効率よく測定できるため、大幅なスピード化とコスト抑制を図ることができます。

設備設計

トンネル内の換気・照明・非常時設備
などの設備設計を通じ
既設トンネルの
ライフサイクルコスト削減、
さらには災害・事故対策を図ります。

トンネル施設には、換気設備や消火設備、照明設備、通報・警報設備等の非常用施設などの、利用者の安全性と快適性を確保するための多くの施設が設置されています。ウエスコでは、既設トンネルの老朽化対策・安全対策・災害対策を強化するための設備の計画・設計を行なうことで、トンネル設備の長寿命化はもちろん、ナトリウム灯からLED照明への変更によるライフサイクルコストの削減、消火器・非常電話・非常警報装置・火災検知器などの設置による災害や事故への対策を行っています。

新設橋梁設計

単に新設橋梁設計を行うだけでなく、
橋梁架設目的を十分に理解し、
また、橋梁点検や橋梁補修に
配慮した設計を行います。

昨今、高速道路やバイパス等の新規大型路線の計画が少なくなってきているため、新設橋梁を設計する機会は減少しています。しかし、耐荷重不足や幅員狭小、河川改修に伴う断面拡張の観点から、新設橋梁への架け替えや安全施設整備に伴う歩道設置は、継続的に行われている状況です。
また、維持管理が進む中で、橋梁新設設計時に配慮すべき項目も多数あり、こうした維持管理面からの課題を反映した新設設計を行うことが、今後求められると考えます。
このような背景より、当社では、単に新設橋梁設計を行うだけでなく、橋梁架設目的を十分に理解し、また、橋梁点検や橋梁補修に配慮した設計を行うことを目指しています。さらに、施工者への確実な情報伝達や一般者の理解を補足する観点から、3次元技術を活用した施工ステップ図作成や付帯工計画など積極的に取り組んでいます。

橋梁補修設計

補修後の再劣化防止を重視し、
経験豊富な橋梁点検技術を駆使し、
質の高い調査を実施。
既存ストックの有効利用を図ります。

2m以上の橋梁数は、全国で約70万橋、このうち完成から50年を超えた橋梁は、全体の18%であり、10年後には43%、20年後には67%となります。既存ストックの有効利用は、今後の財政状況や労働力減少の面からも重要となってきます。事後保全から予防保全へと方針転換が図られる中、補修設計の需要は、今後もますます多くなるものと考えられます。特に補修後の再劣化を防止することも重要と考えます。再劣化防止の観点から、当社では、現地状況確認、既存資料収集、建設当時の時代背景(材料や施工方法、規制等)など、あらゆる観点から原因を推定します。あわせて必要な詳細査調査立案を行い、原因を特定します。
現地調査については、簡易強度試験、はつり調査、鉄筋探査、中性化試験、コア採取、板厚測定など、あらゆる調査の実績も豊富です。経験豊富な橋梁点検技術を駆使し、質の高い調査を実施し、損傷図・補修図を作成します。補修対策工法選定では、既存工法はもちろんのこと、新技術工法も含めた最適な対策工法を選定します。
また、既存図面が存在しない場合でも当社3次元技術を活用したデータ取得を実施し、図面復元を行うことも可能です。

橋梁点検

国土交通省や各自治体が管理する
橋梁の点検実績を数多く有し、
様々な仕様や現場条件での
点検に対応可能。

高度経済成長期に集中整備された社会資本の多くが急速に老朽化し、様々な問題を引き起こすことが懸念されています。そのうち橋梁は約70万橋あり完成から50年を超えた橋梁は、全体の18%であり、10年後には43%、20年後には67%となります。
これらの構造物を定期的に点検し、適切に管理することにより、安心・安全な社会を維持し続ける必要があります。
橋梁点検では、橋梁毎に特徴的な損傷が見られるため、架設年次や時代背景、交通量、橋梁周辺の環境等、様々な情報を把握した上で点検作業に望む必要があります。
私たちは、国土交通省や各自治体が管理する橋梁の点検実績を数多く有しており、様々な仕様や現場条件での点検に対応可能です。

交通計画

道路交通に関する調査、計画、
評価、維持管理、改善支援に取り組む。

道路交通に関する調査、計画、評価、維持管理、改善支援などに取り組んでいます。専門スタッフの豊富な実績と的確な提案により、円滑な事業推進のお手伝いをいたします。

道路交通調査


道路の新規計画や維持管理、事業評価を目的に交通量調査、OD調査、プロ-ブ調査、道路利用者アンケ-ト調査等を実施します。


道路交通解析


都市部の渋滞解消や大規模店舗の出店に伴う周辺交通処理を目的に交通解析を行います。現地の実態に即した交通容量計算や交通流シミュレ-ションによる解析により最善な対策を提案します。

交通解析流シミュレーション

通常、渋滞、混雑などの交通解析流シミュレーションは1時間単位の評価ですが、交通流シミュレーションでは短い時間単位(5分、10分)の交通流の変化を動画(アニメ-ション)で再現できるため、変則交差点か複数の連続交差点の解析及び右折滞留長不足による渋滞など静的解析では困難な場合に有効な分析方法です。また、車の流れをアニメーションで表現するため、視覚的にわかりやすい説明を行うことも可能です。


道路整備計画検討


道路の基本構想策定や整備計画策定を目的に検討を行います。道路現況調査や交通量推計を基に、問題点・課題の整理・道路整備の必要性整理を検討し、整備優先順位の策定、自転車ネットワークの計画、都市計画道路の見直し計画を行います。

交通量推計

将来道路計画を反映させた将来交通量推計を行います。
さらに、道路整備による“量的変化(交通量の増減)“や”質的変化(利用ODの変化)“などの交通特性についても検証します。

道路整備プログラム(整備優先順位)検討

将来の交通需要や道路の機能性、効果性、効率性など様々な視点から評価指標、評価基準を策定し、道路整備プログラム(整備優先順位)の策定検討を行います。

自転車(歩行者)ネットワーク計画

限られた道路空間を再編し、自転車走行空間や歩行者空間の確保を検討します。 さらに、各種調査などにより地域の課題や利用者ニーズを把握し、自転車(歩行者)ネットワーク計画の策定やPR資料を作成します

都市計画道路見直し検討

多くの都市において、計画決定から数十年が経過し、未着手となっている都市計画道路が多数存在し、昨今、全国的な傾向として計画の見直しが進められています。 長年の法的な縛りを見直す業務であることから、調査検討においては、十分な客観的な根拠が必要であり、慎重かつ精度が高い調査分析が決めてとなります。 弊社ではこれまでに10件以上の業務実積を有しており、検討の立ち上げから、地元説明や審議会資料の作成、都市計画変更図書の作成まで事業に関する全てをサポートいたします。


道路政策評価


道路整備の透明性や説明責任を明確にする目的で道路の評価検討を行います。代表的な業務例として、以下があります。
・事業評価(新規採択評価、事業再評価、事後評価)
・整備効果検討
・事業円滑化ための広報資料作成

事業評価(新規採択評価、再評価、事後評価)資料作成

国や多くの自治体では、事業評価システムが構築されており、通常、事業立案時に新規採択評価、事業実施中の概ね5年に1回の再評価、事業完了時に事後評価を行わなければなりません。
業務としては、交通量推計をはじめとする前提条件の整理と費用便益分析の実施、事業評価監視委員会提出資料の作成支援を行います。また、近年はあらたな便益(拡張便益)の検討にも積極的に取り組んでいます

整備効果検討

近年の予測では、多くの地域において将来の交通需要が現状よりも少ないという予測結果であり、客観的効果が出しづらくなっています。交通需要以外の評価項目について、防災面や安全面、観光や産業、地域の生活利便性の向上などの様々な視点から効果を取り上げ、客観性に優れた道路整備効果の検討を行います。

事業円滑化のための広報資料作成

国や自治体の道路に関する計画や事業を広くPRするための広報資料やパブリックコメント用資料について、企画作成を行います。


道路の安全性検討


これまでに整備された道路を直面する問題やニーズに応じて再整備し、安全で快適な施設にしていこうという動きが広がっています。
道路交通計画分野の代表的業務例として、交通事故分析・対策検討や自転車交通対策検討があげられます。
これらの業務では、PDCAサイクルの理念に基づき、調査計画、点検評価、改善を進めていきます。
・交通事故分析・対策検討
・自転車交通対策検討 

交通事故分析・対策検討

交通事故が多発している箇所(事故多発箇所)や発生する確率が高い箇所(事故危険箇所)について、ETC2.0データやカーナビデータ等のビックデータの解析、現地調査を通じて、交通事故の発生要因を分析し、その要因に効果的な対策を検討します。また、対策実施により、期待される交通事故削減効果を分析します。

自転車交通対策検討

地球環境にやさしい自転車利用促進や警察庁の法改正等を背景とする自転車交通の見直しが行われています。国・自治体の道路管理者は警察と連携して、自転車通行が多い区間の構造検討や自転車道整備を進めており、国交省・警察庁では全国の数都市で自転車モデル地区を選定し、整備推進を図っています。
弊社では、自転車の通行が多い自歩道について、自転車道分離の調査計画、設計、自転車道分離整備後の実態調査、整備効果検討、利用促進対策検討まで一貫した調査計画を行っています。


交通バリアフリー・公共交通調査計画


誰もが移動しやすい、利用しやすい交通施設の実現に向けて、バリアフリ-やユニバ-サルデザインの基本構想や計画策定に努めます。
また、交通結節点における公共交通の利便性向上や中山間地域における公共交通空白地域の解消、立地適正化に向けた交通計画に努めます。

公共交通調査計画

地域の公共交通の確保・維持・改善に関する調査を実施します。
さらに、公共交通利用促進のための施策立案やPR資料を作成します。

道路

高規格幹線道路・一般道路・道路
構造物・防災関連施設・維持管理など
道路に関する調査・計画・設計での
様々な提案と道路事業を推進。

道路は人々のライフスタイルを創造し、国土・地域・都市づくりを支援する重要な社会資本です。私たちは、道路の多様な機能を十分発揮させ、豊かで潤いのある暮らしを支え、地球環境の保全、良好な地域・都市環境の創造を目指しています。高規格幹線道路・一般道路・道路構造物・防災関連施設・維持管理など道路に関する調査・計画・設計での様々な提案と道路事業の推進をお手伝いします。

河川

治水・利水・自然環境の調和のとれた
社会資本整備に努めます。

河川・砂防は多様な動植物の生活空間として大切な役割を果たしているとともに「癒しの場」としての活用が望まれています。 私たちは、「未来に残す自然との共存生活」という企業理念のもと、治水・利水・自然環境の調和のとれた社会資本整備に努めています。

RECRUIT
POINT

土木設計部門のシゴトの魅力とは?

土木設計部門においても、新設ではなく、長寿命化や防災・減災を目的とした業務が多くなってきています。人々の安全と安心を確保するため。土木設計部門の仕事は、そうした地域貢献への使命感にあふれた仕事です。 また、3 次元による設計は業界の新しい潮流です。ウエスコでは「CIM」を力強く推し進めていく若い力に期待しています。

トンネルは、地震などの災害時に災害被害を受けてしまうと、たちまち交通が遮断され、災害復興の遅れに直結します。それだけにトンネルの維持管理は重要な意義を持った仕事なのです。 従来の点検手法は経験がモノを言うのに対し、MMS や固定レーザーなどの最新技術は、IT 技術をいかに使いこなすか重要になります。